昨晩の話。

悲鳴が家中に響き渡った。

「わーわーわーわー、猫!猫!猫がーー!!」

うちは今、5人家族。ぼくと両親と祖父母だ。

家族みんなおとなしい性格。

ウチで大声を聞く事自体かなり珍しい。

「どうしたん!?」

「なになに!?」

母と”ぼく”がすぐ現場に駆けつけた。

廊下に置いてあったダンボールやビール缶が散乱している。

その横で”おばあちゃん”が腰を抜かしていた。

「猫が入ってきた…」

「えーー!?」

「勝手口のドア開きっぱなしやった!?」

うちは一軒家で玄関とは別に裏の勝手口がある。

勝手口の前には生ごみ用と空き缶用のゴミ箱を置いており、ときどき猫がその周りをウロウロしているのだ。

「猫はどこ行ったん!?」

「納戸にバーッと入ってった」

確かに中からゴソゴソッと音が鳴っている。

一応ガラス戸は閉めておいた。

「こんなんはじめてや」

「デカかった?」

「デカかった。こっちに向かって走ってきて死ぬかと思った。」

「やからドアちゃんと閉めとかなアカンねん」

母親はやっぱり偉そうな一言を付け加えてくる。

「どうする?まだガサガサ言ってんで」

「私よう行かんわ」

「ゴキブリはいっつも私がやってんねんから誰か頼むわ」ブルブル震えながら「おばあちゃん」は言った。

3人の中で男はぼく1人。誰がやるかは相場が決まっている。

「任しとき」

「ぼく」は近くにあったホウキを片手に悠々と、ひとり納戸の中に入っていった。

音は聞こえなくなっていた。ホウキを振り回してもなんの反応もない。

「ほんまにこの部屋に猫入っていった?」

「うん見たもん」

おかしい。

とりあえず勝手口のドアを開け、またホウキを振り回しながら猫を探す。

「いたー?」

「いないー」

猫はどこに行ってしまったんだろう?

その部屋にいるはずなのにその気配すらない。

「もうコワイからテレビの部屋に逃げとくで」と、おばあちゃん。

「うん、任しときー」

ほんとうに頼りがいのある”ぼく”。

30分くらい猫を探し続けたが結局見つからなかった。

家族みんな不安で不安でしょうがない一晩だった。

次の日の朝。

また悲鳴が聞こえた。

「わー、猫おった!」

「え、ほんま!?」

「逃げた!?」

「勝手口の段差のとこにおった。見つからんはずやで」

「よかったよかった」

「でも昨日といいほんま頼りになったわ」

「普通やろ」

こうしてウチにまた平和な日々が戻ってきた。

あとがき

この話はフィクションだ。

「ぼく」と「おばあちゃん」を入れ替えるとノンフィクションになる。

おばあちゃんはうちの偉大なヒーローだ。おわり。

\この記事をシェアする/