ふぁんく vs MC☆ニガリ【リリック・歌詞書き起こし】ADRENALINE 2019 FINAL

Funkvsnigari1本目 先攻:ふぁんく 後攻:MC☆ニガリ 

ふぁんく①

はじめましてのバンドセット いつもの常識はリセット

俺は歌手じゃねえ だからラップだけ ファルセットは使えねえが

バチバチの鮮度 (聞き取れず)でやってきたがここにタオル リラックス

さながら銭湯 Hey つまりリラックスしてフロウする

君に言いたいことは今のところない

ニガリ①

知らねえよ なにがファルセット 飲み込まれる東京 地殻変動

地下深くじゃねえ 俺は目がチカチカしてよく見えねえ

けど相手はふぁんく消え去るだけ このクラブチッタで 砕け散った

木っ端微塵だ ゴッパのMIC 握ってどっちがやっべえMC

ふぁんく②

重量級のライムで地殻変動 バチバチな韻がブレンド

されど俺のこれ珈琲焙煎 お前みたいなラッパーには興味ないぜ

とか言ってマイメンじゃないから 適当にディスする

ピーすらいらねえ 俺はいつでもチルする

首振ってるだけじゃ俺にはなんにも ◎△$♪×¥●&%#?!

ニガリ②

Yo 勢いでごまかしてる それでパイセン正味興味はないぜ

どっちのセリフ チャンスは来世
じゃあ来年ってADRENALINEはもうねえ

Yo このファイナル 俺の独り舞台今から開幕
Yo 対角線上のライバル ふぁんくを喰うこのラップ

ふぁんく③

ADRENALINEがもうないって? 脳内にはまだあるけどね

来年再来年その先も 年中無休で出っ放し

打ちっぱなしのゴルフみたい 小粒なお前のライム効かない
俺のライム飛んでくインサイド バイバイ

ニガリ③

Yo 俺のライムで打ちっぱなし 俺のラップに付け入る隙はない

A-Yo いらないキンキラの首飾り この血と汗がブリンブリンだ

Bring the beat 乗っかるたびに 俺たち東京 ネタの仕込みもない二人

ないパニック のらりくらり このライムラリー 俺がJOKERだし

2本目 先攻:MC☆ニガリ 後攻:ふぁんく 勝者:ふぁんく

ニガリ①

マイクチェックワンツーから始まるこのフリースタイル

さあどこまで飛ばせるかクラブチッタ

ちった踊りな 騒ぎな ちった飲めねえ酒でも飲んできな チェケラー

どっちがヤバイか エリア川崎で意気がるラッパー

息巻くラッパー 俺のことだ 息長くチャンプになっていくラッパー

ふぁんく①

5小節目で入れって言われたのに 何故だかそこかで

YoYo マイクチェックワンツー ふざけんな馬鹿タレが

小節数えられねえのお前 そんなんじゃ勝てねえって答え

目の前に見えている俺の手の中 には未来が入ってるかもな 

ニガリ②

そんな堅えこと言ってるからこのセッションが楽しめてねえのじゃえのか

ケツに縛られたまんま 堅い頭 ここらでクラッシュ軽くほぐしな

リフレッシュ摂取している空気 俺の青春

Yo 燃やすぜ MとIとC Yoいつも灯ってる命の火

ふぁんく②

言いてえことなんて正直ねえが その先見えてるもちろんTENGA

1年分だぜ1年分 夜店の乳首限界値まで舐る

ジュネーブ辺りに嫁さん連れて行って舐る

1年分のTENGA 天まで届けペニス

ニガリ③

とりあえず一言言ってやる 絶対TENGA俺の方が似合う

Heyニガちゃんやってる? Yo チッタもちろんやってるやってる

そういうノリだろ乗せていく これが俺なりのアンセム

Yo ぶっ飛んでる頭 壊れてるアクセル ブレーキなしでぶっ飛ぶクレイジー

ふぁんく③

お前にゃ似合わねえ まだまだTENGA 

俺ならそうだな はなさ◎△$♪×¥●&%#?!

花咲かせていくと言おうとしたのに噛んだ だけど大丈夫 漢a.k.a.GAMIだ

バニラみたいな甘いフレイバー 俺は梅田1番のプレイヤー

レペゼン No.1梅田 もちろん欲しいのは1年分TENGA

\ この記事をシェアする /
Slider