都合のいい女から抜け出すための3つのステップ

negative-space-woman-retro-capuccino-table-bag-chair-coffee-antas-singh-min.jpg

突然ですが、あなたは彼にとって「都合のいいオンナ」になってはいないでしょうか?

現在お付き合いしている人がいる方やセックスフレンド、気になっている方とある程度の時間を過ごすと、「あれ?私って都合のいい女じゃない?」と感じたことがある方もいかもしれません。

あなたがその状態のままでいいのであればそのままでもいいでしょう。でももしあなたが都合のいい女から卒業して、相手からもっと愛してもらいたいのであれば今のままではダメです。

今日はパートナーがあなたとの関係を見つめ直し、より深い恋愛関係に発展させるための方法をお教えします。

都合のいい女の特徴とは

都合のいい女になりやすい女性は以下のような特徴があります。

  • 基本的に彼の言うことにはほとんど従う
  • 会うと毎回セックスしてしまう
  • 嫌なお願いや無理なことにも結局OKしてしまう
  • 嫌われるのが怖くて素を出せない

基本的に「NO」といえず相手のいいなりになってしまう女性は「都合のいい女」になりやすいです。それ自体は悪いことではありませんが、もし自分が都合の良いように扱われていると感じたら、注意が必要です。

それではあなたが都合のいい女から抜け出すためにはどんなことを意識しなければいけないのでしょうか。

都合のいい女から抜け出す3つのステップ

negative-space-attractive-woman-smile-bra-sleep-happy-chevanon-photography-min

あなたが「都合のいい女」から「愛するパートナー」になるために大切なこと、それは次の3つのことを徹底的に意識して彼と接することです。

都合のいい女から抜け出す3つのステップ

  1. 相手の言いなりにならないこと
  2. 相手に考える時間を与えること
  3. 関係を終わらせることも辞さないこと

これらを順番に実践していけば、彼のあなたに対する接し方は変わります。それではそれぞれのステップを詳しく解説していきます。

相手の言いなりにならないこと

まず最初にやらなければいけないことは、彼の言うことをなんでも聞くことを止めることです。

「都合のいい女」=「彼が思った通りに行動してくれる女」です。もし彼があなたにとって嫌なことや、乗り気じゃないこと、無理なお願いをしてきたら勇気を出して断ってください。冷たくする必要はありません。ただ、「嫌なの」、「乗り気じゃないから」と理由を伝えましょう。

いつも「YES」が返ってくるのに慣れている彼は少し困惑します。彼の性格次第ではイラッとしたり、怒り出すかもしれません。でもそれを怖れていては関係は改善できません。嫌なことは勇気を持って「No」と伝えましょう。

相手に考える時間を与えること

次に彼にあなたとの関係を考える時間をあたえます。

「今から来れる?」と聞いて断られた。毎回セックスしているのに拒まれた。彼女の都合でデートが断られた。そうなると彼は「なんかいつもと違うな」、「今日はアイツ機嫌が悪かったな」、「俺、なんかしちゃったかな」と、あなたと会っていない間に必ずあなたのことを思い出します

そういう風にしてデートを2~3回重ねたら次のステップ。

彼との関係に不安があることを伝えましょう。デート中ではなく、必ず電話で伝えることのポイントです。

  • わたし都合の女のいい女になっていない?
  • 今の関係のままでは嫌
  • わたしのことをどう思っている?

彼が誠実であればかならずあなたとの関係について深く考えてくれるでしょう。決して喧嘩を売るように言ってはいけません。あくまであなたとの関係を見つめ直してもらうためにあなたの不安を伝えます。

そうしてあなたの思いを伝えたら、電話を終えて彼に考える時間を与えましょう。

関係を終わらせることも辞さないこと

時間を置いてから彼の反応をみることがとても大切です。

少しドライなことを言うと、世の中にはクズな男がたくさんいます。自分の思うようにならなくなれば、怒ったり、拗ねたり、場合によれば暴力を振るう人もいます。

もし彼があなたのことを本気で考えてくれないようなら、関係を終わらせることも辞さないことを態度で示しましょう。

次のデートで、彼の態度は少なからず変化しているはずです。関係が終わってしまうかもしれないと不安になるかもしれませんが、都合のいい女のままでは彼とこれから深く関係を構築していくことはできません。大切な彼だからこそ、彼を信じて行動してみましょう。

さいごに

今日は「都合のいい女」から抜け出すために意識しなければいけない3つのことについてお話しました。

大切なパートナーとの関係を見つめ直すのはあなたにも、彼にも痛みを伴います。でも、お互いのためにもまずはあなたから勇気を持って一歩踏み出してみてください。

\ この記事をシェアする /
Slider