なめくじってなにを食べるの?

なめくじ
基本情報

なめくじは植物の葉や花、つぼみ、茎を食します。紫陽花、薔薇、マリーゴールド、ペチュニアなど、他には野菜(キャベツやレタス、きゅうりなど)を好んで食べるようです。
湿気を好み、雨の日や夜間に活動します。梅雨の時期によく見かけますが、最も食欲旺盛になるのは秋です。雨が続くと大量発生し、庭の植物を食べるなど害を与えてしまうこともあります。

 

造園会社で働き始めて2週間が経った。人見知りなぼくは1日中ずっと緊張しっぱなしだ。

ある雨の日のこと。時刻は18時になろうとしていた。帰り支度をしている途中で1人の職人さん(仮名:Rさん)に呼び止められた。まだ話したことのない50代くらいの職人さんだ。

「おいお前。こっちこい」

ビクッとして咄嗟に、「はいっ!」と返事をした。職人さんは軽トラの脇に立ち、真っ直ぐな目でぼくのことを見ている。

嫌な予感。小走りでRさんのもとに駆ける。軽トラのうしろに辿り着き、要件を聞いた。

「どうされました?」

Rさんは真っ直ぐな目のまま静かにぼくに言った。

「おい。これ」

指先は軽トラの荷台を指さしていた。

ぼくもすぐにそちらに目を移す。

「え……ん?…..」

「…でかっ!!」

「せやろ」

なぜか偉そうだった。

そこには見たことのないほど巨大なナメクジがいた。立派な触覚とマダラ模様。全長はざっと17〜18cmでちょうど指先を広げた手のサイズくらいだ。陸上のリレー協議で使うバトン位の大きさはある。

「デカいですねえ。こんなん見たことないですわ」

そこから、近くを若手が通るたびにRさんは声を掛け始めた。

「おい」

「はい!」

「こっちこい」

「はい!」

「これ(スッと指をさす)」

「ん?なんすかこれ!!」

「おい」

「はい!」

「こっちこい」

「はい!」

「これみい(スッ)」

「なんすか?…気持ちわるっ!」

「おい」

「はい」

「こっちこい」

「はい」

「これみい(スッ)」

「うわ。。」

「お前反応悪いな」

知らない間に中年の職人さん2人がその輪に合流し、大人7人が輪になって軽トラの荷台を囲んでいた。その中心には1匹のナメクジがいる。そこではなんの生産性のない話が繰り広げられた。内容を以下に羅列する。

  • 大人7人集まって誰も見たことないんやからこれは最大級のナメクジや
  • これは亜種やな
  • 絶対に塩かけんなよ
  • お前(若手)スマホの便利なやつ(グーグルレンズのこと)で調べろ
  • 塩かけたら普通サイズになるんすかね
  • 意外とええ値段で売れるんちゃうか
  • 明日の朝までいるか賭けるか
  • お前(若手)このなめくじ肩に乗せとけばええやん
  • お得意さんに「肩になめくじ乗せた子」で覚えてもらえ
  • さっきお前触ったから、明日からヌメヌメなってくるで
  • コイツずっと観てられますわ
  • ここまで大きいと飼いたくなるな
  • でも保護しとくほどのもんちゃうな

みたいな会話が30分ほど続いた。

辺りも暗くなり、解散になった。

 

帰る頃には僕の身体の緊張は解けていた。

 

巨大なめくじ

 

 

 

 

 

 

てかなめくじってなに食べんの?

\ この記事をシェアする /
Slider