引きこもりニートがブログで稼ぐ方法

hikikomori-blog-make-money2-min

引きこもりニートでもブログを使ってお金を稼ぐことはできる。

今日は自宅でたった一人で、誰とも会わずにブログで収益を上げる方法についてまとめる。

ブログで稼ぎたい人すべてに向けて書いた記事だが、現状を脱出したい引きこもり、ニートになにより届いてほしい。ぼくも大人になってからひきこもりを経験した。

ブログって稼げるの?

結論から言うとブログで稼ぐことは可能だ

実際にブログ運営で生計を立てている人が何万人と数えきれないほどいるし、企業がこぞって自社サイト(ECサイト)を作ってコンテンツ制作、情報発信に注力していることからもそれはわかると思う。要は、情報発信することと、お金を稼ぐことは確実に繋がっている

やり方次第で月に30万円以上狙えるのがブログ運営のメリット。そしてブログを始めるのになにも知識はいらない。ゼロから手を動かしながら学んでいくことができればそれで十分だ。

「誰でも簡単に」ってわけじゃない

ただ、誰でも簡単に、というのは語弊がある。実際に挫折していく人は多い。特にブログを立ち上げた直後は記事を読んでもらえなかったり、誰からも反応がないことはしばしばある。実際にやってみればわかるが、それでもモチベーションを保つことは想像以上に難しい。

ブログで稼ぐ最初のハードル、かつ最大のハードルブログを軌道に乗せることだ。

ある程度のPV(アクセス)、ある程度の読者数、ある程度の収入(3~5万円ほど)まで持っていくのがなによりしんどい。逆に、10万円を30万円に増やすことは、3万円稼ぐことより容易い。

もう一度言うが、誰でも簡単に、というのは嘘だ。

でも、ブログで稼ぎたいと思っている人にはぜひチャレンジしてほしいとも思う

ブログで稼げずに挫折していく人のほとんどは収益が上がる前に辞めてしまっている人。このことを念頭に置いて、①継続すること②検索される記事を書くこと さえできれば、月に3~5万円、そしてその先にあるあなたを満足させるお金は稼げると思う。

ブログで稼ぐ仕組み

blog-make-money-mechanism2

収益を上げる仕組み

多くの人は「ブログで稼ぐ」=「広告収入」と思い浮かべると思う。

ネットに限らず人がたくさん集まるところには「広告」が打たれる。人がたくさんいる場所を思い浮かべてほしい。電車の中、駅の柱、国道沿い、テレビCM。そこには必ず宣伝広告があるはずだ。

これは実世界でもインターネットの中でも全く同じこと。あなたのブログに人が集まるならば、そこは広告効果のある場所に変わる。だからブログを使って稼ぐことができるのだ。

コンテンツ(記事)を蓄積していくとGoogleなどの検索エンジンからあなたの記事を読みに人がブログに集まってくる。そこに広告を流す。これがもっとも基本的なブログの収益構造だ。

記事を書く→ブログに人が集まる→広告を流す

ブログは立派なビジネス

ブログで稼ぐと聞くと「いかがわしいな」と思う人はいると思う。実際ぼくもそうだった。でもブログは立派なビジネスだ。汗水たらして毎日働くのと同様に、ブログも机の前に座り、根を詰めて、頭を捻りながら文章を書かないといけない。

苦労して書いた記事を公開して、それを必要な誰か、それを楽しむ誰かのために提供する。そこに自社製品やサービスを世に広めたい企業の広告を置き、もしそれがユーザーに届けばその売上の一部報酬を受け取る。ぼくは真っ当なビジネスだと思う。

いかがわしいイメージがあるのは、ごく一部の情報商材(内容が薄く、とても高額な商材という意味で)を売る人のせいだ。もしブログで稼ぎたいならば、そういった「陳腐ないかがわしいイメージ」に踊らされる必要はない。

どうやって広告を掲載するの?

ブログで広告を入れるのはとても簡単だ。自社製品やサービスを宣伝したい企業案件をまとめて取り扱うASPサイトというものがある。ASPに登録し、ブログに合った広告を選んで掲載するだけで広告収入を受け取れるようになる。

例えばプログラミングに関する記事のあるブログなら、記事上でおすすめのプログラミング学習の本を紹介し、その本が購入されれば報酬が入るといった具合。読者がその広告をクリックしたり、実際に商品を購入することで収益が発生する。

ちなみにこのブログでは、Amazonアソシエイト、もしもアフィリエイト、 Google AdSense 、A8.net
の4つに登録している。すべて大手のプログラムでこれらに登録するだけで無数の商品やサービス案件が紹介できる。ブログ初心者ならまずはこの4つで十分だろう。

人が集まるブログは稼げる

ブログで稼ごうとしたとき、まずしなければいけないのはとにかく読者を集めること。

人が集まればマネタイズは簡単だ。さきほど述べたように、ASPに登録すれば収益化はすぐにできる。逆にいくら素晴らしい商品やサービスを紹介しても、それを読む人が少なければブログからあなたを満足させるような収益が発生することはない。

ブログを立ち上げてからは、PV(アクセス数)を増やすことに全力を尽くすべきだ。利益は後回し。ブログで広告収入を得るにはPV数があるほど圧倒的に有利になる構造になっている。収益は一旦置いていおいて、まずはいかにたくさんの人にあなたのコンテンツを見てもらえるかを考えよう。

20160218212234

【運営報告】ブログ1ヶ月目は34390PV。アクセスUPの為にぼくが実践した5つのこと

2016年2月18日
image-seo

質の高いWebサイトとは?被リンクや文章量に関する根本的な勘違いとSEO対策の近未来について考えた

2016年2月9日

ブログの始め方

ブログを始めることにしたら、まずWordPressを使うのか、ブログサービス(アメブロやLivedoorBlog、はてなブログなど)を利用するのかを決めよう。2つの主なメリットとデメリットを以下にまとめる。

WordPress

メリット: 自由に好みのブログを構築できる自由度が高い。ブログサービスに依存せずブログを育てられる(例えばアメブロなどの会社が急にブログサービスを中止する可能性は0ではない)

デメリット: 始めるのにHtmlやCssの知識があることが望ましい。ブログサービスではやってくれることを自分でやらなければならない

ブログサービス(アメブロやLivedoorBlog、はてなブログなど)

メリット: すぐに開設でき運用がとにかく楽。・各社が持つ独自機能(はてなブックマークなど)が使える。

デメリット: カスタマイズ性が低い、機能的な制限が多い。各社の都合によってサービスが変更する可能性がある。

ブログサービスを使うならはてなブログProを使うことをおすすめする。アメブロやLivedoorBlogは、はてなブログに比べて、デザインやカスタマイズ性において自由度が低い。またはてなブログがSEOにも強い(検索エンジンに引っかかりやすくアクセスを集めやすい)ことは大きなメリットだ。

結局どちらを選べばいいのか?

迷うなら、はてなブログでいいと思う。

実際にこのサイトも当初はてなブログで運営していた。はてなブログはとても良いブログサービスだ。個性的なブログにカスタムできるし、はてブコメントによる交流からも大きくアクセスがあった(はてなブログではユーザー同士の繋がりが強い)。3年ほどはてなでブログ運営し、ある程度の読者とアクセスを得てからWordPressに移行した。

ブログ運営が長くなってくると、より自由なウェブサイト構築ができるWordPressに移行する人は多い。移行作業はちょっとめんどくさいのだけれど、挫折するほどのことではない。

一方、WordPressでのブログ運営もめちゃくちゃ難しいわけではない。「いちばんやさしいWordPressの教本」のような書籍があれば、Web知識がなくてもなんとかなる。

結論、正直どちらでもいい。

まとめ

ここまでブログでどのような流れで収益を上げるのかを説明してきた。

すべきことは淡々と記事を書くこと。

たったこれだけのことがなにより大切。そしてなにより難しい。

ゼロから実際に数万円を稼ぐにはなかなか時間が掛かる。そこまで我慢強く記事を書けるかが最初のハードルだ。

またブログ以外にも稼ぎ方はある。すべてビジネスとしても取り組める副業を厳選してまとめた記事もあるので興味があればぜひご一読を。(→在宅で稼ぐための9つの副業を紹介する~小遣い稼ぎからビジネスまで

ブログを始めたら次の記事を読んでみてほしい。(→ブログ収益化の前に必ずやるべき12のこと

20160209184529

27歳ひきこもりはまだ人生詰んでない

2016年1月17日
\ この記事をシェアする /