昼夜逆転の生活習慣を治すヒント

morning
昼夜逆転の生活に1度入ると規則的な生活リズムに戻すのは意外と難しい。体が夜に活動して朝に眠ることを覚えてしまうとメリハリがなくダラダラとした毎日が続いてしまう。

それが習慣化してしまうとやがて身体に不具合が生じてくる。身体の怠さ、一日中ボーッとする頭、食欲の減退、やる気が出ない、精力減退、体内リズムの乱れ、ホルモン分泌量の異常、睡眠障害、自律神経の働きの低下、鬱傾向。昼夜逆転生活を経験したことのある人はこのような体の不調を感じたことがあると思う。

僕も引きこもり時代に昼夜逆転した生活を過ごしていた。朝10時ごろに寝て夕方の18時に起きる。毎日することもなく、一日中頭が働かないままPCの画面を眺めるだけの生活だった。当然何に対してもやる気は起こらず食欲もない。生きている実感が次第に薄くなっていくような感覚があった。

今日は昼夜逆転の生活を治し規則的な生活を送るためのヒントを紹介する。昼夜逆転生活は治すことができる。そして治すべきだ。

昼夜逆転生活の原因を把握する

まず何があなたの健康的な生活を妨げているのかその原因を洗い出すべきだ。
人によって夜寝れない・朝起きられない理由は違う。原因を明確に把握することで対策が打ちやすくなる。

例えば僕の場合、

  • 夜眠くならない
  • 朝に起きる必要性がない
  • 生活の区切りがない
  • 3食食べていない

これらの要因が生活リズムを崩していた。特に①朝起きる必要性(引きこもり)、②3食食べていない、この2つが大きな原因になっていたように思う。

無理に寝ようとしない

早起きするために夜早く寝ようとすることはあまり意味がない。なぜならそれができないから昼夜逆転の生活になっているからだ。僕自身も早く寝ようと心掛けては続かず挫折してきた。

やり方を変えよう。

夜無理に寝るのではなく、自然と眠くなるように昼の時間を調整していくことが大切だ。昼夜逆転している人は体内時計が狂い、夜に体が覚醒状態(体温やメラトニン等の整体機能)にある。

体内時間を調整するには、1日を区切るような簡単なルーティンを作ることが効果的だ。

寝る前の習慣を変えるのではなく、起床後の習慣を変える


具体的には簡単かつ数分で終わることを既にある習慣とセットで行うのがいい。

例えば、

  • 朝起きたら1杯の水を飲む
  • 朝食後に日光浴する
  • 昼食を食べたら布団を干す
  • 風呂に入ったらストレッチをする
  • 歯を磨いたら1分間深呼吸する

「お風呂の後」などセットで行うことで格段に習慣化しやすくなる。このような簡単なルーティンを最初は1つ2つ、生活に取り入れよう。継続することで1日が徐々に規則的になる。まずは1週間続けてみてほしい。

食事を3食しっかりとるために腸を整える

生活リズムが崩れると食欲が減退する。食事は体内時計と深く関係があるため、食事をしっかり3食取るだけで生活リズムは徐々に改善される。僕が昼夜逆転を治すとき抜群に効果があったのはエビオス錠だ。腸内環境が整い、食欲が出る。お通じにもいい。

個人的に食生活の改善は昼夜逆転生活にかなり効果があった。その中でもエビオス錠は即効性がありおすすめだ。でも1日3回、1度に10錠飲むのは少ししんどい。
【指定医薬部外品】エビオス錠 2000錠

まとめ

今日は昼夜逆転生活を脱せずに悩んでいる方に向けて、個人的な経験を踏まえ改善策をまとめた。

もともと人間は夜行性の生き物ではない。長い間、昼夜逆転生活を過ごすとどこかしら体を壊すのは自然なことだ。
慣れてしまった生活習慣を変えるのは簡単ではないけれど、自分なりに色々試して生活を改善してみよう。

\ この記事をシェアする /
Slider