般若引退の衝撃、2代目ラスボスR指定の想い 【フリースタイルダンジョン】

Hannya retirement

黎明期からフリースタイルダンジョンを支えてきた般若が5月7日放送のフリースタイルダンジョン番組内でラスボス引退を発表した。今日は般若の引退発表に伴って行われたラストバトルと2代目ラスボスR指定の胸中についてまとめる。

ラスボス般若が引退を発表

番組冒頭でそっけなくシンプルな言葉で般若は静かに語りだした。

「僕から言いたいことがあります。本日をもってラスボスを降ります。これはいつの日か決めていたことです。本当にありがとうございます。」

引退する理由については触れられなかったが、番組が次のステージに上がるため、自身の意志で身を引いたのには間違いない。以下はフリースタイルダンジョンでの戦歴。

■ 般若フリースタイルダンジョン戦歴

  1. 焚巻戦(般若勝利)
  2. 崇勲戦(般若勝利)
  3. じょう戦(般若勝利)
  4. NAIKA MC戦(般若勝利)
  5. 晋平太戦(晋平太勝利)
  6. peko戦(般若勝利)
  7. Lick-G戦(Lick-G勝利)
  8. MCニガリ戦(MCニガリ勝利)
  9. SIMON JAP戦(般若勝利)
  10. 全9戦 6勝3敗

2代目ラスボスは「R-指定」に決定!

引退宣言と同時に2代目のラスボスを引き継ぐラッパーも発表された。指名されたのはR指定。最強の実力で般若らと一緒にフリースタイルダンジョンを盛り上げてきたオリジナルメンバーだ。

般若は「次は誰がラスボスになるのか。そのラスボスになる人と現役最後に闘ってみたい。」とコメント。ラストバトルの相手R指定をステージにあげる。

R指定の般若への想い

4年前の番組内でR指定は般若に対してこんなコメントを残している。

寡黙でストイックな部分もあり、ユニークな部分もある。俺は中学生のときにラップにハマったんですけど、Zeebraさんの「TOKYO’S FINEST」ってアルバムを聴いて。それに入ってる最後の曲の最後のバースで般若さんが出て来たんですよ。そこで初めて聴いて。「なんやこの人は」と。こんな熱量を持った、こんなラップをする人がいるんだと思ってそこから般若さんを好きになって。中学時代からの俺のヒーローなので。「俺が般若」というだけで格好いいラップというか。人間でラップしている人やなとは思いますね。

般若へのリスペクトがありありと伝わってくるインタビュー。R指定は自身のヒップホップの原体験にいる相手からバトンを受け取ったのだ。ひとりのラッパー人生の物語として感動的な展開だった。

般若 VS R-指定 新旧ラスボス感動のラストバトル

ラスボス最後の試合はR指定との3番勝負。最終的には勝敗の判定なし。3ラウンドすべての明快なダイジェストを見つけたので掲載させていただきます。

当日、ライブパフォーマンスをしたKEN THE 390は以下のコメントを残している。

MCバトルがただの罵り合いだと思っている人も、今週の般若 vs R-指定を見ればきっと伝わるものがあると思う。 生身の人間同士が向き合って、この形でしか伝えられない思いをぶつけ合う。最高でした。#フリースタイルダンジョン

— KEN THE 390 (@KENTHE390) 2019年5月14日

今後のフリースタイルダンジョンの動向

R指定は誰もが認める日本で最高峰のバトルMCだ。般若のような格や経験はないかもしれないが、UMB3連覇を成し遂げた溢れる才能を発揮してバトルシーンを盛り上げてくれると思う。二代目を中心にもっと盛り上がるフリースタイルダンジョンが見てみたい。

そして、2代目ラスボスは最初の仕事として、引退するレジェンドの偉大さ、人間的な器の大きさを引き立てた。これだけ多くのMCを束ねてヒップホップを盛り上げてきた、その中心にいたのは間違いなく般若だった。

これからの般若の動向は詳しく発表されていない。だがMCバトルを完全引退する可能性は高い。事実、般若はフリースタイルダンジョンが始まるまで表舞台では長らくバトルはしてこなかった。今後は音源制作やプロデューサー業で力を奮うだろう。

最後に。オーガナイザーのZeebra、日本のヒップホップの源流 いとう せいこうが見守る中、2人がラップする光景は、なにより贅沢な景色だった。

\ この記事をシェアする /